AOYAMA MOTOR DRIVE TECHNOLOGY
One Stop Solution for
POWER ELECTRONIC APPLICATIONS


技術情報


コア技術

周辺設計技術

位置センサレス制御技術

電流センサレス制御技術

社外論文発表一覧
 
コア技術
近年、省エネルギーを実現するパワーエレクトロニクス技術が注目されています。特に、電力消費の大部分を占める、家電分野や産業分野でのモータドライブシステムの高効率化は非常に重要です。一方で、省エネ製品普及のためにコスト低減も重要な課題であります。
当社は、位置センサレス制御や電流センサレス技術など高性能と低コストを実現する高度なモータ制御技術を提供します。また回路技術や組み込みソフトウェア技術により、トータルソリューションを提供します。
モータ制御技術の特徴

1.プラシレスモータの位置センサレス制御(正弦波)
・コスト低減
・信頼性向上、高速モータ駆動
・エアコン、冷蔵庫用コンプレッサ駆動インバータで多くの実績あり

2.電流センサレス制御(1シャント、2シャント)
・小型化、低価格化
・特に家電等の用途で仕様可能

3.組み込みソフト、回路技術との融合
・システム実現に最適なマイコンを選択(コスト低減)
・回路技術とのマッチングによる小型化、コスト低減

4.開発支援ソフトの活用による開発効率UP
・オリジナルマイコンデバッグツール
  (8bit,16bit,32bitマイコンに対応)
・モータ定数測定ツール(システム毎の調整効率化)
周辺設計技術
パワーエレクトロニクス機器の設計は幅広い技術が必要です。弊社保有技術でその大部分をカバーします
          
位置センサレス制御技術
ブラシレスモータ(永久磁石同期モータ)の正弦波制御は、回転子位置の検出が必要となります。これには、エンコーダやレゾルバなどが使用されますが、コストUP、信頼性低下(ノイズ)、システム環境(高温、高速回転)によっては使用できないなどの課題があります。
当社は、モータの電流、電圧から位置/速度を推定する制御アルゴリズム(ソフトウェア)を開発しました。エアコン用コンプレッサ駆動や各産業機器に適用されています。

・「圧縮機用位置センサレスベクトル制御のためのBPFを用いた周期的速度変動抑制制御」福本、林ほか、電気 D,vol.127,No.7,pp.715‐722
 (2007‐7)
・「推定磁束のフィードバックをもつ適応オブザーバによる誘導電動機速度センサレスベクトル制御の低速運転性能の改善」&福本、林ほか、
 電気学会論文誌D, vol.128, No.3, pp.329‐339(2008‐3)
電流センサレス制御技術
ブラシレスモータ(永久磁石同期モータ)の正弦波駆動(ベクトル制御)には、電流フィードバック制御が必要となります。これには、ホール素子を用いた高価な電流センサ(2個)が必要となります。しかし、家電製品などの用途では、コストUPの要因となり、低価格品では応答性が悪いなどの課題があります。
当社はインバータの直流バスの過電流保護用シャント抵抗の電圧から交流電流を再現する電流センサレスアルゴリズム(1シャント電流検出)を開発しました。これには、当社の高度なソフトウェア技術、PWM生成ロジックのノウハウを応用しました。

・「三相PWMインバータの直流電流検出による交流電流演算の一手法」  
 福本、林ほか、電気学会論D,vol.127,No.2,pp.181‐188(2007‐2)
社外論文発表一覧

Year 2009
No. 論文名 大会名/雑誌名 著者
1 固定子抵抗と永久磁石鎖交磁束のオンライン同時同定によるIPMSM位置センサレスベクトル制御の高性能化 半導体電力変換産業電力電気応用合同研究会資料, SPC‐08‐80, IEA‐08‐18(2008‐6)
日本電気学会誌D部門(vol.129,
No.3, pp698-794, 2009/3)
福本哲哉
富樫重則
井上淳
林洋一
2 永久磁石同期電動機の位置/速度センサレス制御における軸ずれ角演算に 関する考察 半導体電力変換産業電力電気応用合同研究会資料, SPC‐08‐170, IEA‐08‐39(2008‐11) 林洋一
福本哲哉
3 PMSM速度センサレスベクトル制御における低速領域における速度推定法の改善 平成21年電気学会全国大会, 4‐096(2009‐3) 梅澤健人
林洋一
福本哲哉
4 PMSMベクトル制御のための速度推定方式の比較(過渡特性) 平成21年電気学会全国大会, 4‐095(2009‐3) 浜吉祐太
井上 淳
林洋一
福本哲哉
5 誘導電動機速度センサレスベクトル制御における速度推定法の改善 平成21年電気学会全国大会, 4‐091(2009‐3) 米澤尚記
柿崎真吾
林洋一;
福本哲哉



Year 2008
No 論文名 大会名/雑誌名 著者
1

相電流非ゼロ制御を用いた誘導電 動機速度センサレスベクトル制御の極低速運転の性能改善

電気学会論文誌D, vol.128, No.3, pp.274‐281(2008‐3) 福本哲哉
加藤祐介
栗田和也
林洋一
2 推定磁束のフィードバックをもつ適応オブザーバによる誘導電動機速度センサレスベクトル制御の低速運転性能の改善 電気学会論文誌D, vol.128, No.3, pp.329‐339(2008‐3) 福本哲哉
加藤祐介
栗田和也
林洋一
3 推定磁束のフィードバックをもつ適応オブザーバによる誘導電動機速度センサレスベクトル制御の低速運転性能の改善 PCIM China 2008, pp.56‐61(2007‐3) T. Fukumoto
H.Hamane
Y. Hayashi
4 電気二重層コンデンサによる離島向け小型分散風力発電システムの電力平準化の検討 平成20年電気学会全国大会, 4‐140(2008‐3) 富樫重則
福本哲哉
林洋一




Year 2007
No 論文名 大会名/雑誌名 <>著者
1 三相PWMインバータの直流電流検出による交流電流演算の一手法 電気学会論文誌D, vol.127,No.2,pp.181‐188(2007‐2) 福本哲哉
渡辺幸恵
濱根洋人
林洋一
2 圧縮機用位置センサレスベクトル制御のためのBPFを用いた周期的速度変動抑制制御 電気学会論文誌D, vol.127,No.7,pp.715‐722(2007‐7 福本哲哉
濱根洋人
林洋一
3 The IPMSM Position Sensor-less Vector Control System for the Home Appliance PCIM China 2008, pp.56‐61(2007‐3) T. Fukumoto H.Hamane Y. Hayashi
4 Performance Improvement of the IPMSM Position Sensor-less Vector Control System by the On-line Motor Parameter Error Compensation and the Practical Dead-time Compensation The Fourth Power Conversion Conference, pp.314‐321 (2007‐4) T. Fukumoto H.Hamane Y. Hayashi
5 推定磁束のフィードバックをもつ適応オブザーバによう誘導電動機速度センサレスベクトル制御系の設計法 産業電力電気応用合同研究会資料, SPC‐07‐122, IEA‐07‐45(2007‐11) 福本哲哉
加藤祐介
栗田和也
林洋一


 
 
copyright©AMDT2011